塾講師へ採用された後のライフスタイルについて考える姿です

塾講師採用後の指導について

塾によって塾内の雰囲気や指導する内容も大きな違いがあります。
また、塾講師のアルバイトが多いところは大学生が沢山採用されるので同じような環境ですし、仲良くなって塾講師同士でアルバイトが終わったら飲みにいくこともあります。
塾講師仲間と良い関係を築けていると、教科によっては苦手部分を指導する際に色々とアドバイスもらえますし、事前予習のポイントなどヒントもくれるので参考にしています。

採用時には試験がありますが、やはり生徒のレベルによってテキストも違いますし、特に中学受験用の勉強は小学校レベル以上のつっこんだ内容になっているので塾講師同士相談することもあります。
塾の採用試験は一般常識と学校のテストのような問題です。
成績の良かった科目で生徒を担当することになります。

採用後は簡単な研修があり、受け持つ生徒が使用するテキストを事前に予習して学習しておくなど、塾講師も色々と事前準備が必要になります。
自分自身勉強することになりますし、塾講師仲間関係が良好だと色々と相談することもできます。
ですのでお互いに刺激しながら成長できる職場になりますし、アドバイスをもらうことで講師として成長できるので生徒へ教えるのが楽しくなります。

塾講師採用後のライフスタイル

塾講師を目指す方にとって、そのライフスタイルというものはやはり気になるところですよね。
近頃は『塾講師』という仕事が多くのメディアに取り上げられ、様々な特番や記事などを見かける事が増えています。
それらを見ていると『何てハードな仕事なんだ』と、若干後込みをしてしまいそうになるほどです。

しかし、そういったイメージが世間一般の塾講師にそのまま当てはまるかというと、それは違います。
メディアの報道は正直誇張されており、ごく一部の有名塾講師や受験激戦区の塾の話を、さも全ての塾講師がそうであるように報道しているわけです。
『忙しくて寝る間も無い』とか『休みが無い』なんて事はありません。
学校の夏休みや受験シーズンは確かに忙しいですが、いわゆるどこの会社でもある『繁忙期』ですから、この仕事だけ特別ということでは無いですよね。
また『経営』に関係する役職候補として採用されたか、単に『先生』として採用されたかによっても変わります。
経営に関わる人は普通のサラリーマンと同じく朝から夕方までが定時というのが基本です。
ですが、講師のみとして採用された人は基本的に放課後の時間に受講生を受け入れるものなので、お昼前位に出勤して夜9時とか10時終わりというのが多いです。

という訳で、塾講師のライフスタイルが他職と比べて特別ということはありません。
自分の求める理想と合致する求人があれば、安心して採用試験に応募しましょう。
参考サイト

PAGETOP