サラリーマンから塾講師へ転職

塾講師として採用された講師仲間は、別業種のサラリーマンからの転職でした。
営業の仕事をしていたということもあり饒舌で、上手く生徒の心を掴んで順調に過ごしています。

そもそも塾講師に転職した理由は、やりがいを求める為とのことでした。
営業職では会社の為に頑張る感じでしたが、塾講師は生徒の夢の為に頑張るので非常にやりがいがあります。
ただ、採用に至るには簡単な道程ではありませんでした。
講師仲間は有名な大学を卒業しておりある程度の学力を有していましたが、塾講師は責任が重いので一筋縄ではいかないのです。

しかし、この仕事に対する熱意があれば採用は不可能なことではありません。
塾側にとって困るのは途中でコロコロ講師が変わって生徒に迷惑をかけることなので、熱意とやる気が無ければ採用されることはありません。
講師仲間が順調に講師の仕事を継続できているのは、心の底からこの職業を愛して頑張っているからです。
頭が良いのでとりあえず塾講師をするという意気込みでは難しいです。
知識を単に提供するというより、絶対に生徒の夢を叶えたいという気持ちを伝えることが大切で、その熱意が生徒側に伝われば誰からも信頼される塾講師になれます。
PAGETOP